給料や時給はいくら位だろう

女性

超高齢化社会である現代で、特に需要が高まっているケアマネージャーは正社員以外にパートでも働ける仕事です。ケアマネ―ジャーの正社員の給料は、平均で25万円~27万円と福祉の業種の中では高い水準になります。取得するのに受験可能な該当資格を有していて、その実務を5年以上している者である事が条件です。つまりケアマネージャー歴が0年であっても、その資格を取得する前に最低でも5年以上働いていた経歴がある事になります。その為給料は高く設定されています。正社員もですがパートも職場によって異なりますが、平均で時給1200円程です。過去に経験がある場合は時給が高い傾向にあります。給料が変わる要因は経歴だけでなく手当の有無や、デイサービスや特別養護老人ホーム等の様に職場の形態によって異なります。

正社員以外で働くメリットも多い

男女

ケアマネージャーはパートの募集も多い仕事ですが、何も時給だけが貰える報酬ではありません。働く場所を探す場合、デイサービスや施設等の自身が働きたい場所以外に手当や交通費の上限、仕事内容も選ぶ上で重要な項目です。専門職なので資格手当も時給とは別途支払われる職場も多いです。収入も増えるので人気な職場にはなりますが、各種手当は働く上で見逃してはならない項目です。ケアマネージャーはパートでの募集が正社員よりも多いです。その背景には担当件数には上限があるので、正社員1人あたり報酬を多く得る事ができない様になっています。その為人件費の関係でパートの方が安くなるから募集も多いのです。しかしケアマネージャーのパートは、他の仕事よりも時給は高い傾向にある為、働く方には損のない選択肢と言えます。

正社員登用もされやすい

女性

ケアマネージャーだけではありませんが、福祉の職業は非常に人が移りやすい業界です。人数不足は常であるので、仕事に慣れている社員は貴重な存在です。最初にパートとして働いていて、自身の環境も変わって正社員で働きたい場合、登用してくれる職場も多いです。求人情報に正社員登用制度について記載がない場合でも登用される事は他の業界よりも多いです。理由は人が移りやすい業界である事が挙げられ、人事の異動も多い事も挙げられます。ケアマネ部署の人員が減る事もあるので、パートとして働いていて内情も知っている存在は貴重な戦力とみなされます。働く側もパートとして働きたくて就職したが、その内正社員として働きたくなると言った心変わりもあります。その場合にも望む働き方がしやすいのが、専門職のパートであるメリットです。仕事内容は専門職なのでどこで働いても一緒なので、他の場所にも移りやすく融通の利く働き方を選択できるのはケアマネージャーでパートとして働く大きなメリットと言えます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中